辰子のおとしご子育てアイデアメモ

プログラマーのワーママが0歳から実践している育児・知育のご紹介。なんとか続いているのは、英語と絵本の読み聞かせ。

算数

はじめての双六チャレンジ・・・玉砕 3歳3ヶ月

投稿日:

こちらの本に、3までのサイコロでやるすごろくが載っていたので、即席でレゴ デュプロですごろくを作成。

ブロックの数だけ前に進めることにします。
コマは、息子の好きなトミカの車。
サイコロは、他のおもちゃで3までのサイコロを持っていたのでそれを使用。

母「今からすごろくをしよう。サイコロの数だけ前に進めるよ。じゃあ、お母さんからやってみるね。サイコロを振って・・あ、2が出たね。1、2と、こうやって車を進めます。じゃあ、次は息子がサイコロを振ってごらん。

息子「(サイコロを振る)」

母「あら、1が出たね。ひとつだけ消防車を進めてね」

息子「ズサァッッッ(消防車をゴールまで勢いよく進める)」

母「(汗)ひとつだけ進めてねー。ほら、ここよ。」

息子「ズサァッッッ(消防車をゴールまで勢いよく進める)」

母「(消防車を元に戻して)ほら、スタートからひとつ進んだここよ。次はまたお母さんがやるね。・・3が出た。1、2、3、ここまできました。はい、息子がサイコロ振ってね。」

息子「(サイコロを振る)」

母「あ、2が出たね。そこからふたつ進めてごらん。」

息子「(消防車をスタートに戻してから)1、2、3、4、5。こう?こう?」

母「さっきいた場所から動かすんだよ。それに、5つ動かすんじゃなくて2つだし・・。はい、ここからね、1、2・・」

息子「ズサァッッッ。お母ちゃんと一緒のとこー♪」

母「うん・・・(ダメだこりゃ)」

すごろくは、まだ難しいみたいでした。
ただ、まあ、スタートからゴールに向かう、ということと、マス目と数が対応しているということは何となくわかっているようなので、それがわかっただけでも収穫でしょうか。
マス目とサイコロの対応がまだピンと来ないんですね。

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-算数
-,

執筆者:

関連記事

no image

国際科学オリンピックに見る日本と世界の違い

息子が理系方面に興味を持ったら、国際科学オリンピックに挑戦するのもいいなあと妄想して、この本を読んでみました。 めざせ国際科学オリンピック! (東京理科大学坊っちゃん科学シリーズ) posted wi …

2歳4ヶ月、数の理解が進んできました

少し前まで、物を指差しながら、「いち、ご、はち、ろく!」のようにメチャクチャな順番で数えるフリをしていた息子ですが、ひとりで1〜10を順番通り言えるようになってきました。 10まで数えると、たいてい「 …

no image

ワークの代わりに絵本にしてみたけど、お勉強はお勉強だった

3歳の息子にいわゆるプリント教材的なワークをすることにちょっと抵抗があり(私が)、絵本ならいいかもとこちらを読み聞かせでやってみました。 さんすうだいすき 全10巻 posted with ヨメレバ …

ピタゴラスプレート VS マグフォーマー ・・VS パターンブロック

息子が0歳の時からずーーーっと気になっていた「ピタゴラスプレート」と「マグフォーマー」。 ピタゴラスプレートは、三角形や四角形のカラフルな磁石の「プレート」を組み立てて遊ぶ知育玩具です。 ピタゴラス …

no image

『幼児の「ことば」の力を育てる』『幼児の「かず」の力を育てる』

 辰子のおとしご子育てアイデアメモワークの代わりに絵本にしてみたけど、お勉強はお勉強だった3歳の息子にいわゆるプリント教材的なワークをすることにちょっと抵抗があり(私が)、絵本ならいいかもと …