辰子のおとしご子育てアイデアメモ

IT業界のワーママが、0歳から実践している育児・知育のご紹介。興味があるのは、漢字、英語、モンテッソーリ、シュタイナー、運動、わらべうたなど。

健康

日本・フランス・アメリカ おやつ事情

投稿日:

この本を読んで最初の感想は、「フランス人すごい!」ではなくて、「アメリカ人ひどすぎる・・・」でした。

この本の作者はアメリカ人、そして夫がフランス人で、仕事の都合でフランスの夫の実家で生活することになるのですが、カルチャーショックを受けながら食生活を変えていく様子をコミカルに描いてます。

誇張して書いてるのかわかりませんが、元の食生活がとにかくひどい。 のべつまくなしにお菓子やフライドポテトを食べさせて、結果食事は食べられない、食事の時間もバラバラ。
ぐずればお菓子をあげるし、褒美にもお菓子をあげるし、気をそらせるためにもお菓子をあげる。 外出時のカバンの中には常にお菓子がある。

フランスで悪戦苦闘する作者が、ある日よその子どもにお菓子をあげたら、その子の母親がお礼を言って「おやつの時間にいただきましょうね」とすぐに食べさせないことに驚いた、というくだりがありました。
私は驚いたことに驚いたというか、私だったらフランス人の母親の対応をすると思います。

多分、日本の家庭はこの本のフランスの食事の仕方に近いと思います。 幼児でも三食決まった時間に大人と同じ献立を食べ、季節の食材を取り入れ、食事中は遊んだりウロウロさせない。まあ普通のことだ、と感じると思います。

でも、意外と?私の周りにも、おやつの時間以外に子供におやつを与えてる人がいて、アメリカンスタイルの人も多いのかもしれない。

夫は私は厳しすぎると言ってます。
平日は保育園でおやつをいただくので、家でおやつをあげるのは主に週末ですが、サツマイモやカボチャを焼いたものとか、煮干しをあげたりです。豆を煮たものとか。

食生活は、親(特に母親)がどう育てられたか、家庭環境がテキメンに表れてきますね。
私自身、トウモロコシやサツマイモをおやつに食べてました。

フランスと日本の食事事情でちょっと違うのは、フランスでは「大人の世界を子どもが邪魔するな」というはっきりとした意識があるので、食事中に大人同士が話しているところに子どもが割り込むと叱られます。
ホームパーティーもよく開くけど、子どもはじっと我慢して時間をやり過ごしてるようです。
ちょっと日本では無い光景ですね。

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-健康

執筆者:

関連記事

赤ちゃん

赤ちゃんの後頭部、首の後ろの赤く盛り上がったはれ

息子の後頭部の下の方、首と頭の付け根くらいのところに、赤くもこっと大きな腫れができていました。 朝方うす赤く小さめの斑点だったのですが、夜になってすごく大きくコブのように! かなりあせって、知らない間 …

赤ちゃん

産後・育児中の膝の痛み

ここ一週間ほどヒザが痛いヾ(。>﹏<。)ノ゙ この前、インソール販売元の無料の足裏チェックやってもらってました。体の重心のかけかたが正しくないので、外反母趾になるわ、足のアーチが崩れてるわ …

no image

歯磨き嫌いが治った!子供が進んで歯磨きをする方法

2歳の息子が進んで歯磨きをするようになりました。 歯医者さんでも、診察台で待っている間に、置いてある歯ブラシに手を伸ばして磨き始めた息子を見て「こんなお子さんははじめてですよ!」と褒められました。 効 …

赤ちゃんの耳の変形・埋没耳の矯正器具の作り方

前回の記事では、赤ちゃんの埋没耳はまだ骨が柔らかい内に対処することが大切と書きました。 赤ちゃんの耳の形が気になる埋没耳は生後間もない内に相談! 形成外科で治してもらえることもあるようですが、取り扱い …

赤ちゃん

赤ちゃんのおむつかぶれと下痢。ウンチの回数が増えたら注意!

先週からウンチの回数が増えたな〜、成長の証かな?離乳食もよく食べてるし。 と思ってたのですが、下痢でした・・・orz 確かにウンチはゆるめだけど、前から柔らかめな感じだし、すんごい水っぽいってわけでも …