心身ともに丈夫で健康が一番

英語だのなんだのやったりしていますが、なんといっても体が資本、心や脳も含めて、子供への毒を出来るだけ排除し、健康的に育てるのが最も大切なことだと最近つくづく感じます。

特に、現代は知識労働か感情労働に従事する可能性が高いので、メンタルヘルスには注意が必要です。

気になったネット記事を集めました。


知識労働は脳を疲弊させます。

子どもの頃に田舎で育ったり、ペットとして動物を飼っていたりすると将来的なアレルギーやぜんそくのリスクが小さくなることがこれまでの研究で示されています。同様の...

ペットを飼うのもいいのかも。

緑地の少ない場所で子ども時代を過ごした人は、その後の人生において精神疾患になるリスクが55%も高かったと最新の調査で示されました。都市は建物の建設で緑地が犠牲...

毎日歩く通学路に、自然の風景があってほしい。完全にチリ積も。

わたしがジャクソン・ポロックの絵に隠された秘密について知ったのは、もう五年くらい前でした。出典健忘のせいで、どの本だったか いまだに思い出せないのが悔やまれる...

もしくはフラクタルを感じられるポロックの絵を部屋に飾るか(複製画でいいのか?本物買うのはムリ)

瞑想にはストレス耐性を高めるという精神面への効果や血圧を下げて肉体的ストレスを減らす効果が存在することが知られています。そんな瞑想を一般の人々よりもハイレベ...

私自身が瞑想はマスターできてないけど、子供が瞑想を早くはじめて長く続ければ、最強になれるかも。私自身は、念仏を唱えるだけのなんちゃって瞑想はたまにやるけど、簡単でいつでもどこでもできるので割と良いです。
子供は散歩が瞑想の代わりになるそうです。

うつ病や双極性障害といった精神疾患は、発症したほとんどの人に多大な負担を強いるのものであり、時には命を脅かすこともあります。「そんな精神疾患がなぜ進化の過程...

しかしながら、うつを発症させるような性質そのものは否定されるものではないかもしれないです。