辰子のおうちバイリンガル育児

コスパの良い英語育児を模索中。YouTubeは効果絶大!洋書絵本の読み聞かせも細々と続けてます。

英語

2歳の英語育児の取り組み

投稿日:

息子は2歳ですが、今のところ通信教材・定期購読系は何もやってません。

英語についても、なるべく固定費をかけずに効果的な方法を取りたい!
また、英語そのものだけでなく、文化も同時に触れてほしいので、なるべく英語圏の子どもが接するものを与えたいと思っています。
なので、英語圏でメジャーな絵本や歌を中心に、見せたり聞かせたりしてあげています。

英語の日常会話については、何冊か「英語で子育てする会話集」のような本を読んだり、実際に取り入れてみようとしたこともありましたが、正直日本で住んでいる限り、すぐには必要性が薄いように感じてます。
ただ、会話のやりとりが言葉を覚えるのには1番効果的なので、ORTに出てくるような英文を日常の動作で教えるのは良さそうです。
ORTそのものは、この記事を読んでさしあたり使わないことにしました。

皆さん、Oxford Reading Tree(オックスフォード・リーディング・ツリー)ってご存知ですか?多分バイリンガル育児をされている方は、もちろん知っている!使っている!...

どちらかというと、日常会話よりも、洋書やインターネットを英語で読んだり、意見を英語で書くことのほうが、今のネット社会では日本に住んでいても身近なスキルなので、こちらを伸ばす方向にしたいです。

幼児期に外国で暮らした帰国子女も、日本に戻るとすぐに英語を忘れてしまったというケースもよくあるようですが、「読み書き」をしていた子は比較的英語が定着するそうです。
息子がもう少し成長したら、英語も読書と作文を中心にしようと考えています。

以下のように進めていく予定です。

4~5歳くらいまで(現在取り組み中)

インプット

  • Youtubeの英語の童謡(nursery rhymes)・マザーグースの動画を観せる(リスニング)
  • フォニックスの動画や教材を取り入れる(リスニング・読み書き導入)
  • 英語(洋書)の絵本の読み聞かせ、音声ペンの活用(リスニング・リーディング導入)

アウトプット

  • 英語の歌を歌う、手遊びをする(スピーキング)
  • 絵本のフレーズを口ずさむ(スピーキング)

文字が読み書きできるようになったら(予定)

インプット

  • 英語(洋書)の絵本を自分で読んでもらう(リーディング)
  • 英語でオンラインの習い事をする(リスニング)

アウトプット

  • 英語(洋書)の絵本を音読してもらう(スピーキング)
  • 英語で母(私)と交換日記する(ライティング)

予想ですが、小学生くらいまでは、「英語の歌を歌うことはできるけど、そこまで歌詞の意味はわかっていない」「特に英語を話すといったこともない」という感じになるんじゃないかと。

でもそれでいいかなと思ってます。

幼児期には「英語に親しむ」「異文化に触れて世界を広げる」だけでいいし、児童期に「学習」ができる年齢になって「英語が理解できる」「英語を使える」に進むくらいのペースが発達段階的にはいいのかなと考えています。

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-英語
-

執筆者:

関連記事

example ダークL

ダークL(末尾のL)ができるようになった!?

 辰子のおうちバイリンガル育児RとLの発音ができない。苦手なのはむしろL。以前、こちらの記事でご紹介した「発音博士」というアプリで自分の発音をチェックしています。発音博士無料(2017.04 …

A Smart Kids Guide

子どもの洋書多読に使えそうなKindle Unlimited

子ども向けの電子書籍はRaz Kidsも有名ですが、Kindle Unlimitedもなかなか面白そうなタイトルがあります。 本当に初歩の初歩、絵本などを求める場合はKindleでは少なそうですが、そ …

no image

日本語と英語の絵本のバランス 3歳7ヶ月

こちらの記事で書いた「サンチャイルド ビッグサイエンス」、息子がとても気に入って毎日読んでいます。  辰子のおとしご子育てアイデアメモおすすめ科学絵本 サンチャイルド ビッグサイエンス3歳の …

観葉植物

親子英会話に使える子育てフレーズを集めました

とりあえず英語の子育てフレーズを集めて、プリントアウトして暗記しようかと思ってます。 子育て英語の書籍もかなりでてるけど、本は携帯性が悪いので、A4用紙に詰め込めるだけ載せて印刷して持ち歩きたい。 で …

観葉植物

マザー・グースは危険!

英語の歌を息子に歌ってあげたいので、私のレパートリーを増やそうと、さしあたって「春」をテーマにマザーグースを集めてみることにしました。 目にとまったのが、「Mary Mary quite contra …