辰子のおとしご子育てアイデアメモ

IT業界のワーママが、0歳から実践している育児・知育のご紹介。興味があるのは、漢字、英語、モンテッソーリ、シュタイナー、運動、わらべうたなど。

漢字

1歳児の漢字の入り口

投稿日:2016年11月28日 更新日:

前の記事で漢字カードを再開したことを書きましたが、やっぱり漢字は覚えやすいんだという出来事がありました。

辰子のおとしご子育てアイデアメモ
IT業界のワーママが、0歳から実践している育児・知育のご紹介。興味があるのは、漢字、英語、モンテッソーリ、シュタイナー、運動、わらべうたなど。

マンションの階段を昇り降りしていて、「放水口」という看板の前で息子が立ち止まって、
「口」を指さして「くち!くち!」と言ってました。

この一件だけを見たら、「だから何だ?」という程度のことかもしれませんが、日常的なちょっとづつの積み重ねで、街中で見かける表札、テレビで見る字幕、商品のパッケージに書いてある漢字を見て、「これはあの漢字だな」「じゃあ何かしら関係はありそうだ」と、世の中を理解しやすくなるんじゃないかな?

「くち」と教えていたら、「ほうすいこう」との関連性なんて全くわからないですからね。
「くち」と「こう」で音も文字も違ってしまっているし。

「水」も覚えたら、もう「放水口」の意味はなんとなくつかめてしまえそう。
「放水口」だけ見たら、かなり年齢がいかないとわからなそうだけど、
「水」の「口」なんだな、
ということであれば、大体合ってるし幼児でも理解できる。(かもしれない)

なかなかいいんじゃないかな~、漢字教育!
と気を良くした一件でした。

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-漢字

執筆者:

関連記事

観葉植物

神戸市の名前の由来

私は神戸市在住なのですが、ふと、「神戸」=「神」の「戸」ってすごく仰々しい名前だな、何か由来があるのかな?と、気になりました。 神様が戸をたたいてお出ましになるのか? 天照大神の岩戸と関係ある? 実は …

ひらがなより漢字がやさしい。0歳から始める漢字レッスン

息子が0歳の頃の育休中に、子育て関連の本をそこそこ読んだのですが、その中で納得させられたのがこの本。 0歳から始める脳内開発―石井式漢字教育 posted with ヨメレバ 石井 勲 蔵書房 199 …