辰子のおとしご子育てアイデアメモ

プログラマーのワーママが0歳から実践している育児・知育のご紹介。なんとか続いているのは、英語と絵本の読み聞かせ。

絵本

シュールなセンスの息子、絵本「かばくん」が・・・? 3歳5か月

投稿日:2018年8月25日 更新日:

2歳から繰り返し読み聞かせをしていた息子のお気に入り絵本「かばくん」

その読み聞かせの新しい趣向を息子から提案されました。

「ねえ、これ “きりん” で読んで」

ん?

「かばくん」をすべて「きりん」に読みかえてってことか?
息子に確認すると、どうやらそういうことらしい。

で、試しに文中の「かばくん」をすべて「きりん」にして読んでみると・・・

なんでか、めっちゃオモロイ

おきてくれ かばくん どうぶつえんは もう11じ ねむいなら ねむいと いってくれ つまらないから おきてくれ

おきてくれ きりん どうぶつえんは もう11じ ねむいなら ねむいと いってくれ つまらないから おきてくれ

や、かめくん や、かばくん

や、かめくん や、きりん

それだけのことなんですが!!

脳内で、無意識に「いや、それ、かばくんやろ」というツッコミが自動的に沸き起こるようで、息子と二人で大爆笑しながら読んでいました。

たぶん、微妙に間違っている、というのが笑いのツボに刺さるらしく、「かばくん」を「レーシングカー」に変えるとあまり面白くありませんでした。

そして、この試みがはまったらしく、こんどは「ちょうちょ」を「ばった」で読めとのリクエスト。

これもかなり受けましたねー。
「ちょうちょ」と「ばった」って、人が持つイメージが違うから、やっぱりシュールなおかしさがあるものです。

後ほど、息子から「ちょうちょ」を「うんこ」で読んでとの禁断のリクエスト。
これも、ダメだと思いつつ笑ってしまいました。
いやー江國香織のオシャレな文体に「うんこ」が出てくることのギャップ。

ちょうちょはどこにでもいかれる。きのうをとびこえきょうをくぐりぬける。

うんこはどこにでもいかれる。きのうをとびこえきょうをくぐりぬける。

アカンやつでしょ・・・

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-絵本
-

執筆者:

関連記事

no image

今年よく読んだ絵本 2歳10ヶ月〜12ヶ月

昨年秋頃から仕事が立てこんで、図書館に行く暇が少なくなり、読み聞かせの絵本の入れ替わりの頻度が落ちてました。 まずいなーと思い、米国Amazonで洋書絵本をまとめ買いするなどして多少リカバリしてます。 …

今年はじめての海水浴 3歳3ヶ月

海開きしたので、早速海に行ってきました。 息子はアトピー気味で湿疹が出やすいので、夫が海に浸かると良くなると言って海水浴に積極的です。 午前10時前には海に着いて、1時間半ほど楽しみました。 息子の相 …

no image

ガラガラうがいとバタ足をするようになりました 2歳7ヶ月

これまで、ぶくぶくうがいしかしてこなかった息子ですが、歯磨きの後にガラガラうがいもするよつになりました。 特にガラガラを促したりはしてなかったのですが、私がガラガラうがいをするのを楽しそうに見てたので …

no image

ハロウィン絵本 3歳6ヶ月

先週くらいから、ハロウィンの絵本をよく読んでいます。 ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK) posted with ヨメレバ クリステル デモワノー 主婦の友社 2006-09-01 Ama …

no image

江國香織の絵本の読み聞かせ 3歳4ヶ月

私自身、江國香織はまともに読んだことがなく、文章の感じが苦手で避けてきた作家なのです。 しかし、小中高と教科書にも載ったり、テストにも出たりするとのことで、日本では重要な作家だとみなされていることは確 …