辰子のおとしご子育てアイデアメモ

プログラマーのワーママが0歳から実践している育児・知育のご紹介。なんとか続いているのは、英語と絵本の読み聞かせ。

育児日記 英語

子どものオンライン英会話: 親の準備

投稿日:

子どもにオールイングリッシュのスカイプ英会話をやらせるにあたり、完全丸投げもアリなのかもしれないけど、やっぱり有効活用するには親も講師とやり取りすることは大事だと思います。

子どもの様子を講師に伝えたり、レッスンの進捗状況を確認したり、何より講師の方との信頼関係を築くことが一番大切かと思います。

過酷なこともあるスカイプ英会話の講師。
短期間で辞めてしまう方も多いそうです。
良い講師は責任感も高くて長く続けている方も多いのでしょうが、やはり人なので、気持ち良くレッスンできる生徒が1人でも多いと、辞めずに継続いただける可能性も高まるでしょう。

各国の経済状況の格差で、今は激安で受講できるスカイプ英会話ですが、国際情勢が変わると、将来的には値上がりしたり、安さを保つためにメインの国が変わることもあるかもしれません。

システムの世界でも、単価の安い国のエンジニアに仕事を発注するオフショアというものがあります。
こちらも、ひと昔前は中国が多かったのが、今はそこそこ単価が高くなってベトナムが多くなったりしています。

国を変えれば解決するのか、と言えば難しいところで、やはり中国のほうがスキルが高かったり、仕事の進め方が洗練されていたりします。
ベトナムの場合は、一緒に成長するぐらいの気持ちで、仕事を教えることから始めるということも多いようです。

スカイプ英会話も同じで、講師の人気が高まれば予約が取れないか値段が高くなる、安ければスキルも発展途上である、ということはあるでしょう。

せっかく英「会話」する機会なので、レッスンする側と受ける側でお互いにより良く知り合えて、共に成長できたら理想的だなと思います。

そのためには、親の英語力も多少は必要。
今の私の英会話のレベルではかなり厳しいので、最低限「自己紹介」「最近の子どもの話」「レッスンの要望を伝える」「講師の話をなるべく聞き漏らさない、忘れない」くらいはできるように準備をしようと思います。

最初の三点は、事前に用意しておいた定型文を状況に応じてアレンジすれば良さそうなので、今から英作文に励みます。

講師の話は、レッスン中はなるべくメモを取る、くらいかな・・・とりあえずは。

軌道に乗るといいな!

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-育児日記, 英語
-, ,

執筆者:

関連記事

赤ちゃん

1歳児をも惹きつけるトランプ大統領のカリスマ性!

最近、テレビでトランプ大統領が映ると、息子がすかさず指さして「トランプ!トランプ!」と言うようになりました。 教えた覚えないのに・・・ よそを向いていても、ニュースで「トランプ大統領」とナレーションが …

赤ちゃん

まだ特に文字は教えてませんが・・・3歳1ヶ月

電車の絵を指して、「電車だね」と言うと、 息子が「JRね」と。 よーく見ると、その電車の絵には確かに「JR」と書かれてました。 息子の電車への情熱おそるべし・・・ 関連

赤ちゃん

デジタルネイティブの2歳児

赤ちゃん

保育園見学の日々、保活の記録 その4

保育園見学の日々、保活の記録 その1 保育園見学の日々、保活の記録 その2 保育園見学の日々、保活の記録 その3 いつまで続くんでしょうか。このシリーズは。 a小規模保育事業 3歳で卒園して別の保育園 …

赤ちゃん

息子は亭主関白なのか、それとも・・・?

1歳を過ぎましたが、まだ意味のある発語はまだの様子の息子。 それでも、口癖のような、繰り返し言う言葉未満のような発声(喃語っていうんですかね?)は大分前からあります。 息子の口癖その1「おちゃ!おちゃ …