辰子のおとしご子育てアイデアメモ

プログラマーのワーママが0歳から実践している育児・知育のご紹介。なんとか続いているのは、英語と絵本の読み聞かせ。

英語

衝撃の英語育児ブログ引き続き・・・

投稿日:

先日、国産バイリンガルのお子さんを育てていらっしゃる方のブログに衝撃を受けたという記事を書いたのですが、また既成概念が揺らぐ内容がありました。



「絵本神話」とバッサリ切り捨てる潔さ。

大抵どこのサイトを見ても、育児本を読んでも、とにかく揺るぎないのが「絵本の読み聞かせ」礼賛です。

絵本の読み聞かせは、情操教育にも良いし、親子のふれあいにもいいし、言葉の獲得にもいいし、と悪いところは全くない!というお決まりの調子で書かれてます。

唯一、シュタイナー教育は文字を見せるのも就学以降でいいと言ってるので、絵本は無しのスタンスのようですが。

そんな世間の絵本万歳の中で、そこまで絵本絵本言わなくていいでしょ、と突きつけられると、かなりグラグラしてしまいました。
図書館で洋書絵本を借りたり、古本で入手したり、「やらなきゃ!」と思っていたとこでしたから。

絵本の読み聞かせの何が悪いって?

絵本は高いんです。

日本の絵本だと、図書館や古本でもかなり充実しますが、洋書の場合は限界があります。評判の良い絵本はAmazonで定価で買うしかないとなりますが、気にいるかどうかわからない絵本をそんなに何冊も買えません。

そして、これは言ってはいけない雰囲気が漂う側面・・
日本語だろうが、英語だろうが、

絵本を読み聞かせる親は大変なんです

もしかしたら、「絵本の読み聞かせ」も、「手間をかけた方が素晴らしい」という日本人の犠牲根性が生み出したこだわりなのかも?という疑念が浮上。

家事労働も効率化の発展のスピードがゆっくりですし。そういうことは、母親・妻が手間暇かけてじっくりするもんだ的な・・・。
周囲の圧力もあるかもだけど、本人の脅迫観念もあると思う。

要は、結果が出ればいいんです。

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-英語

執筆者:

関連記事

観葉植物

マザー・グースは危険!

英語の歌を息子に歌ってあげたいので、私のレパートリーを増やそうと、さしあたって「春」をテーマにマザーグースを集めてみることにしました。 目にとまったのが、「Mary Mary quite contra …

観葉植物

AIロボット『COZMO』日本版が9月に発売されるみたい

 タカラトミーCOZMO(コズモ)|タカラトミーココロを持つ、人工知能搭載ロボット COZMO(コズモ)  Engadget JPAI搭載でここまでかわいい。手のひらロボット『CO …

わが子を「英語のできる子」にする方法

もともと私は英語の早期教育には懐疑的で、母国語と混乱するのではないかとか、子どもが覚える語彙など知れているし意味ないのでは、なんて思っていました。 よく考えると「母国語に影響」「学習が無意味」って矛盾 …

観葉植物

小学校に英語教育はあまり期待できなさそう

国の方針として、今後小学校の早いうちから英語とプログラミング教育をやっていこうというニュースはたまに耳にしますが・・・。 こんな記事がありました。  ameblo.jp3、4年生への外国語の …

観葉植物

英会話教室の体験レッスンに参加してみたら・・・

YouTubeを観せながら、外人が合いの手を入れてるだけでした。 ・・・って、それ家でもできるやろ! ここの子供たちは先生の英語をリピートするのはできるし、いくつかフレーズは覚えてるんだろうけど、ちょ …