RとLの発音ができない。苦手なのはむしろL。

以前、こちらの記事でご紹介した「発音博士」というアプリで自分の発音をチェックしています。

息子が0歳から1歳の間は、YouTubeの英語の童謡動画を見せて満足してましたが、どうやらハハの私が歌ってあげたほうがよく覚えてくれるような気がしてます。日本の童謡は...
発音博士

無料
(2017.04.07時点)
posted with ポチレバ

あいかわらず、「R」と「L」の発音が難しいわけですが・・・。

「Rは日本語に無い発音だから難しい、Lは”らりるれろ”と似ているからなんとかなる」という世間で言われていることを信じていたのですが、

正直、RよりLができません

特に、語尾についている「L」。
full、pencil、beautiful、girl、などです。

私の耳には語尾のLはほとんど聞こえなくて、小さい「ゥ」に聞こえるので、「フゥ(full)」とか「ペンソゥ(pencil)」って発音するんですが、
発音博士アプリは「Lじゃなくてゥって言ってるよね?」ってダメ出しをしてくるわけです。

うん、そう言ってる。

fullとか、最初のFでちょっと下唇噛み気味に「フ」って言った後に、すかさず下を歯の裏につけて「L」とかできません。
訓練なんか?

色々調べていると、「L」には同じ発音記号でも違う発音があるらしいです。
上記のような単語の「ダークL」と、 color, lost, playなどの単語の「ライトL(クリアL)」です。

「L」と「R」では、どちらの発音が難しいですか?「R」の発音が難しいと答えた場合は、ここでの明るい「L」や暗い「L」などの解説が役立つかもしれません。

https://m.youtube.com/watch?v=3bz-KOoksW4

最近、マザーグースのこの歌を息子に良く歌い聞かせてたんです。
穏やかなメロディーなので、寝かしつけの時にも、ぐずってるのをなだめる時にもちょうど良い調子。
それに、覚えやすくて短い!

Row, row, row your boat,
Gently down the stream.
Merrily, merrily, merrily, merrily,
Life is but a dream.

ボートを漕ごう
そっと流れに乗って
陽気に楽しく
人生はただの夢

改めてよくみると、

「R」と「L」多過ぎ。

今まで、イケてない発音で散々息子に歌い聞かせさせてたようです。

逆にもし、日本びいきのアメリカ人の母親が、将来自分の子が日本語を話せるようにと、こんな風に歌ってたとしたら。

♪ヴォィヤー、ィヨィクダ、ネネ、シュィナー
(ぼうや~、よいこだ、ねんねしな~)

「うん、日本に興味を持ってくれていることはとても嬉しいよ、エイミー。歓迎する。
だけど、君の息子がティーンエイジャーになって、日本語を話しているところを想像してしまうんだ。
周りの日本人は誰も君の愛する息子の日本語を理解できない・・・
おっと、そんな悲しそうな顔をしないでくれ。
君の息子に対する愛情は誰も疑ってやいやしないよ。」

・・・って気持ちになりますよね。

早急に母親である私の発音矯正が必要なようです。

英語, 言葉

Posted by 辰子