辰子のおとしご子育てアイデアメモ

コスパの良い英語育児を模索中。YouTubeは効果絶大!洋書絵本の読み聞かせも細々と続けてます。

知育 絵本

知育とか幼児教育とかで思うこと<絵本の読み聞かせ>

投稿日:2015年12月8日 更新日:

絵本の読み聞かせも何度かチャレンジしたことはあったのですが、あんまり興味がなさそうな息子・・・。
すぐに動き出して逃げてしまうので、あんまりやってません。

それはそうと、絵本で気になってるのが、「実物より先に、絵という抽象化されたものを見て意味があるのか。むしろ順序が逆じゃないのか」ということ。

絵を指差して「うしさんだね〜、モーモー♪」などと言いつつ、「本物の牛も見たことないのに、この印刷された単純な線と色の構成物を見て、牛と称するのはいかがなものか?」ともやもやした気持ちを抱えてしまいます。

もしや、息子もそのもやもやを察して逃げてるのか?

認知の発達にどういう影響を及ぼしてるのか、どういう教育効果があるのか、謎のままです。

擬人化に関連して、面白い記事をみつけました。

動物の擬人化は子供の知識向上に不向き | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ちょっと釣りっぽいタイトルですが・・・動物が擬人化されたファンタジーが悪いわけではなくて、科学的に正しい事実に基づいた絵本も見せると良いということのようです。

子どもの頃に夕日はなぜ赤くなるの?と母親に聞いたら「おひさまも照れてるのかな?」と返されて激しく違うと思い、小学校高学年になってブルーバックスで波長の長い赤い光は減衰しにくいという説明を読んで納得した、という人もいるらしい。
それは親としては悲しいというか情けないかも・・・。

かたや、好き嫌いをする子どもに「ブロッコリーさんが食べて、食べてって泣いてるよ」というと、すんなり食べてくれたということもあるようです。

ファンタジーを話すのか、正確な科学的事実を話すのか、子どもの性格や成長度合いを慎重に見極めることが大切なのかなと思いました。

むずかしい!

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-知育, 絵本
-

執筆者:

関連記事

花火

花火に魅了された2歳の夏

家から鑑賞した花火大会で、すっかり花火が大好きになった息子。 連日のように花火見るの!と要求してきます。 ささやかに手持ち花火をしてあげたりするのですが、さすがに毎日するわけにもいかず。 花火の映像で …

1歳のお誕生日会とおばあちゃんの手作り布絵本

月曜日は息子の1歳の誕生日でした。 晴れて乳児から幼児へ! 卒乳はまだですけどね。 産まれて間もない頃は、あまりにも小さく頼りげなく、バイキンで死にそうとか、息するの忘れて死にそうとか、落としたら・・ …

絵本のくだものも食べちゃうよ

息子が昨日からやりはじめたのですが、 食べ物が描かれている絵本を読んであげると、 絵の中の食べ物を食べるフリをします!! 最初に食べたのはこの絵本。 くだもの (福音館の幼児絵本) posted wi …

観葉植物

幼児には日本語も英会話と同じように習わせる

小学校受験の予定は無いのですが、受験対策の情報は育児の参考になるのでたまに見ています。 子供の知能や情緒の発達には、なによりも「家庭の会話」が最も影響力が大きいそうです。 どうやったらもっと会話を充実 …

no image

息子のお気に入り、きゅーはくの絵本「エイサー ハーリー」 3歳5ヶ月

最近の息子のお気に入り絵本。 子供っぽい可愛らしい絵ではなく、力強い独特のエネルギーが感じられる挿絵です。 エイサー!ハーリー (きゅーはくの絵本―沖縄の祭り) posted with ヨメレバ 山崎 …