辰子のおとしご子育てアイデアメモ

プログラマーのワーママが0歳から実践している育児・知育のご紹介。なんとか続いているのは、英語と絵本の読み聞かせ。

知育 絵本

知育とか幼児教育とかで思うこと<絵本の読み聞かせ>

投稿日:2015年12月8日 更新日:

絵本の読み聞かせも何度かチャレンジしたことはあったのですが、あんまり興味がなさそうな息子・・・。
すぐに動き出して逃げてしまうので、あんまりやってません。

それはそうと、絵本で気になってるのが、「実物より先に、絵という抽象化されたものを見て意味があるのか。むしろ順序が逆じゃないのか」ということ。

絵を指差して「うしさんだね〜、モーモー♪」などと言いつつ、「本物の牛も見たことないのに、この印刷された単純な線と色の構成物を見て、牛と称するのはいかがなものか?」ともやもやした気持ちを抱えてしまいます。

もしや、息子もそのもやもやを察して逃げてるのか?

認知の発達にどういう影響を及ぼしてるのか、どういう教育効果があるのか、謎のままです。

擬人化に関連して、面白い記事をみつけました。

動物の擬人化は子供の知識向上に不向き | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ちょっと釣りっぽいタイトルですが・・・動物が擬人化されたファンタジーが悪いわけではなくて、科学的に正しい事実に基づいた絵本も見せると良いということのようです。

子どもの頃に夕日はなぜ赤くなるの?と母親に聞いたら「おひさまも照れてるのかな?」と返されて激しく違うと思い、小学校高学年になってブルーバックスで波長の長い赤い光は減衰しにくいという説明を読んで納得した、という人もいるらしい。
それは親としては悲しいというか情けないかも・・・。

かたや、好き嫌いをする子どもに「ブロッコリーさんが食べて、食べてって泣いてるよ」というと、すんなり食べてくれたということもあるようです。

ファンタジーを話すのか、正確な科学的事実を話すのか、子どもの性格や成長度合いを慎重に見極めることが大切なのかなと思いました。

むずかしい!

こちらもどうぞ。子供の教育情報が豊富にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

GoogleAds

GoogleAds

-知育, 絵本
-

執筆者:

関連記事

お月見

2017年の十五夜は10月4日です

今年の「十五夜」「中秋の名月」は10月4日です。 お月見は9月のことが多いのですが、今年は少し遅いですね。 店頭では9月からハロウィンの飾りつけが出ているところが多いですが、その前にやってくるお月見を …

no image

お気に入り絵本 The Skeleton Inside You (Let’s-Read-and-Find-Out Science 2) 3歳5ヶ月

英語版「かがくのとも」かな? Let’s-Read-and-Find-Out Scienceのシリーズ。 古本が安かったのでまとめ買いしたのですが、まだ息子には2年くらい早いかなあと、棚の …

no image

ピグマリオン教材のカエル ピョンピョンはAmazonで購入

ピグマリオンの幼児教育は前から興味があったのですが、3歳1ヶ月~4歳10ヶ月対象の第1グレードは家でやってるようなことと対して変わらなそう。  www.pygmalion-jp.org幼児教 …

no image

今年よく読んだ絵本 2歳10ヶ月〜12ヶ月

昨年秋頃から仕事が立てこんで、図書館に行く暇が少なくなり、読み聞かせの絵本の入れ替わりの頻度が落ちてました。 まずいなーと思い、米国Amazonで洋書絵本をまとめ買いするなどして多少リカバリしてます。 …

かこさとし

絵本作家かこさとしさんの経歴にびっくり!

私が子どもの時に大好きだった絵本「からすのパンやさん」。 おいしそうでかわいいパンがいっぱい! 飽きずにずっと眺めていました。 からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7)) posted …